企業沿革|化粧品容器メーカー

会社案内

企業沿革

昭和15年10月 浅井伊三郎が、浅井硝子製瓶所の屋号で瓶問屋を個人創業。
戦時中一時営業を休止。
昭和25年12月 (株)浅井硝子製瓶所(当社の前身)に改組。
昭和48年5月 商号を、(株)浅井硝子製瓶所から、浅井硝子(株)に変更。
昭和50年3月 九州営業所を開設。
平成2年4月 東京営業所を開設。
平成8年10月 製造部門を廃止し、工場跡地に商品管理自動倉庫を建設し、業態をファブレス化。
平成11年5月 クリーンルーム付検査場を設置。
平成14年2月 業務の充実を図るため、塗装事業を開設。【(有)暉商事で事業を行う。】
平成16年2月 業務の充実を図るため、容器の印刷事業を開設。【(有)暉商事で事業を行う。】
平成17年3月 ISO14001を取得。
平成17年7月 九州支社・沖縄営業所を開設。
平成22年3月 代表取締役社長の浅井幸子が代表取締役会長に、取締役の浅井勝彦が代表取締役社長にそれぞれ就任。
平成23年3月 (株)タツタ合成工業所(プラスチック成形加工)を浅井硝子(株)が100%子会社。
代表取締役社長に浅井硝子(株)顧問の田畑豊が就任。
 
このページのトップへ